logo
立ち止まる日

毎日、東日本大震災のことを考える必要なんてない。日々思い出さなければ風化だなんて嘘。悲しいことを乗り越えるためには、上手に忘れる時も大切だから。

けれど、3月11日とその後の悲しみ苦しみに思いを向ける時を持ちたい。見たくないもの、悲しいことの先にこそ、立ち上がる強さも、学ぶべきこともある。深く悲しみ、立ち止まるからこそ、明日からまた前を向いて生きられる。