logo
僕らは人間だ

“僕らは人間だ”

そんな言葉が頭の中に飛び込んできた。

初めての全国ツアー、その仙台公演が2011年3月11日で…


…その前に軽く自己紹介。

現在、東京を拠点に“suzumoku”と名乗って音楽活動中。

まだまだ無名、“自称”シンガーソングライター。




あの時は、バンドメンバーとスタッフ合わせて4人、

機材車で仙台に向かってる最中で、強烈な揺れだった。

本当に驚いて、恐怖よりも、夢でも見てる様な感覚で、

現実をなかなか実感出来なかったのを今でも覚えてる。

それでもなんとか車を走らせて、ライブ会場にはたどり着けた。


仙台の街は、パニック状態だった。

ライブ会場の前で、目的を見失った自分達がいた。


その後、この地震が想像を絶するものだと気付いたのは、

携帯が繋がらなくなって、カーナビでTVのニュースを見た時、

津波の映像を見た時だった。


あまりに何も反応出来ない自分がいて、情けなくて、

そして突然、頭に飛び込んできた“僕らは人間だ”という言葉…

一気に曲を書き上げた。


“僕らは人間だ”=“俺達は無敵だ”みたいなもんだとか、

実際限界はあるけど人間ならこうすべきだとか、

そんな事を確かめたかったのか?誰かに伝えたかったのか?

正直、うる覚え。

とにかく衝動的に作った曲だった。


ただ、

“一人では生きていけない”って事と、

“迷惑をかけずにも生きていけない”って事、

これだけは明確にある。


地震も津波も、まだ記憶に新しい御岳山の噴火もそうだけど、

突発的な自然災害に対しては、

確かにつらいけど、もうどうしようもない。

そんな時、一人では生きていけないって実感する。

僕らは人間だ。


そして、迷惑をかけずにも生きていけないって実感するし、

だから人間ってのは、互いに認め合って、

手を取り合って生きるものなんだって気付ける。

そうやって気付けた事こそ、しっかり繋げなきゃいけない。

俺達は人間なんだ!


ついつい周りの目を気にし過ぎてしまって、

あと一歩が出ずに動けないってのも確かにあるけど、

俺もどっちかっていうとその類いの性格なんだけど(笑)

その一歩を後押しするのが芸術や音楽だって信じてるし、

俺もその後押しをもっと出来るようにならなきゃね。


東日本大震災…

この時から、僕らは人間だ、

俺達は人間なんだ!と、言い切れるようになった。




『僕らは人間だ』suzumoku


瓦礫をすくう傷だらけの両手 虚空に漂うSOSの声

「何処にいる…」「心配だ…」「くたくただ…」「もう嫌だ…」

微かな灯火が 胸の中で今震えている


息を止めるな 繋ぐ手を放すな

その足で立つんだ 僕らは人間だ

朝の光だ 始まりの合図だ

取り戻してみせよう いつかの日常を


炊きたてを配るあかぎれの両手 頬張る子供の無邪気な笑い声

「ありがとう!」「美味しいよ!」「平気だよ!」「楽勝だ!」

あどけない勇者が 拳を振り上げて駆けてゆく


逃げ出したいけど 夢だと信じたいけど

その目を開けるんだ 僕らは人間だ

夜の暗闇に 底なしの不安に

星が寄り添うだろう 光を携えて


「待っていろ。」「諦めるな。」「大丈夫。」「気を付けて。」

何気ない言葉を どれ程の命が待ってるだろう


朝の光だ 始まりの合図だ

取り戻してみせよう いつかの日常を

夜の暗闇に 底なしの不安に

星が寄り添うだろう 光を携えて

涙流れて 全て奪われて

ここから生きるんだ 僕らは人間だ







===============================

3.11で経験したこと、感じた事を綴ってみませんか?

https://lifeclips.jp/clips/new/remember311

===============================